飾り線上

騒がしく自転車をこぐあいつと月夜

飾り線下
アンパンマンは、小さな子に人気のある番組だけれど非常に攻撃的に思う。
話のラストは、アンパンチといってぶん殴って話を終わりにする時が非常に多いように見える。
子供にも非常に悪影響だと私は考える。
ばいきんまんとかびるんるん達が、たいしてひどいことをしていない内容の時でもぶん殴って話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんとその他を目撃したら、やめろといいながらもうこぶしを突き出している。
話を聞かずに問答無用だ。
説得するわけでもない。
ただ、暴力で解決するからいつになっても改善されず、毎回同じ内容だ。
思うのだけれど原作は攻撃的でないかもしれないけれど、アニメ向きにする必要があって戦いのシーンをいれてそのようになっているのだろう。

曇っている平日の早朝に友人と
会社で就いていた時の先輩は、社長令嬢で、どう考えてもセレブだった。
小さな体で可愛らしくてとにかく元気な、動物好きの先輩。
動物愛護団体など設立して、しっかりキャンペーンをしているようだった。
毛皮反対、ベジタリアン、動物実験反対。
少し前に、マンションにお邪魔したことがあった。
一等地にあるマンションの最上階で、東京タワーが見下ろせる場所。
先輩は、毛並みがきれいなシャム猫と仲良しだった。
飾り線上

天気の良い木曜の午後はこっそりと

飾り線下
さやかちゃんはルックスはのんびり屋に見られるようだけど、活発な女性。
旦那と、3歳の賢治くんと、3人でミスドの隣のマンションに住んでいる。
正社員の仕事も育児も完璧にこなして、毎日が充実していて、時間の有効活用は素晴らしい。
ちょっとでも時間があれば、どこか行かない?と必ず連絡をくれる。
私はそのたびにクッキーを持って、さやかちゃんの住まいにお呼ばれする。

息もつかさず話す友人と失くしたストラップ
普通、部屋で個人で行えるような働き方をして、稀に声があるとチームの仕事に出る。
たった、稀にだけど、最強にめんどく感じて仕方ない。
この際引き受けるの辞めてしまおうなど。
声がかかれば張り切るけど、大勢のメンバーに囲まれて、プロジェクトで仕事を行うのは大変だ。
なんて、親に相談すると、言いたいことは分かるよ、などクスクス笑っていた。
飾り線上

自信を持って体操するあいつと夕立

飾り線下
ほほえみって綺麗だなーと感じるので、なるべく笑顔でいるように心がけている。
もちろん、場所と場合を見て。
でも、他の人に強制してはいけない。
結局は、一括では言えないが、個人的な価値観として。
先ほどまで真顔で必死で仕事していた人が、笑顔になったその瞬間。
もう、大好き。
目じりに皺がある人が大好き!と話していた友人。
その気持ちも納得できるかもしれない。

騒がしく話す姉妹と夕立
旅行で行きたくてどうしようもなかった場所、それは静岡の真鶴。
この場所を知ったのは真鶴というタイトルの川上弘美さんの本。
読んだものの、自分の幼い感覚では、現在でも理解はできていないと思う。
でも、出てくる真鶴半島の様子が大好きで、行ったことのない真鶴に行きたいと思っていた。
静岡県の、神奈川県との境目に位置する所が真鶴。
突き出た部分が真鶴岬。
真鶴岬の少し先、海面から見えているのは三ツ石という大きな岩が3つ。
一番大きな石の上には鳥居があって、潮が引くと歩いて向かえる。
縁があって、本物の光景を観光することができた。
私のカメラのメモリーは真鶴の写真がたくさん。
民宿のおばさんに真鶴が好きだと話すと喜んでくれた。
飾り線上

ぽかぽかした大安の夜明けは焼酎を

飾り線下
暑い時期らしいことを特にやっていないが、友人と来週、コテージをかりて炭を使ってバーベキューを行う。
暑い季節の定番だけれど、日常から離れ、息抜きになる。
男手が少ないので、めっちゃたくさん火をおこしたり準備をしないとな。
特に、バーベキューの準備が、女の人は苦手な人がたくさんなので、頑張らないと。
しかしながらたぶんみんなでお酒をがぶがぶ飲むその時は、焼酎を飲みすぎない様に注意しよう。

じめじめした水曜の昼はビールを
出社のためにいくつかスーツに合うワイシャツを購入しているけれど、毎回購入するときにたくさん試着してしまう。
それくらい、ワイシャツにこだわるのも変わってるかと思っていた。
しかし、この前、シャツは特注でと、こだわっていた方がいらっしゃったので、心外だった。
もちろん、シャツ一枚でカッコよく見えるからかな、と思った。
飾り線上

具合悪そうに体操する兄さんと俺

飾り線下
ここまでネットが普及するとは、当時子供だった私はよくわからなかった。
品物を売る店舗はこれから難しいのではないかと思う。
パソコンを使用し、どこよりも価格の低い物を探すことができるから。
争いが激しくなったところで、近頃目立つようになったのがセミナー起業や商材販売だ。
最近、成功するための方法が売れるようになっていて、何が何だかピンとこない。
手段と目的を取り違えてしてしまいそうだ。

どんよりした土曜の日没にこっそりと
先日の朝刊に、日本人女性の眉の移り変わりをテーマにした、なかなか面白い話が載っていた。
なるほど、と思えば、急に色っぽさも感じてくるので不思議だ。
なんとなく、奇妙なものにも見えるが、その昔は成人女性の証だという。
なるほど、と思えば、実に色っぽくも感じてくるので不思議だ。
飾り線上

お役立ちリンク、関連リンク

飾り線下

引っ越し業者 格安
安い引越業者の見つけ方。それは一括見積もり比較。格安の引越業者の中でも、1番安いおすすめの引っ越し屋さんを選ぶ。


Copyright (C) 2015 料理人は夜の暗闇に脅える All Rights Reserved.